推しのある暮らし

ただのオタクが推しへの愛を語ったり生活に推し要素を取り入れる方法や考えなどを書いています。

推しは推せる時にが鉄則?

 

 ~推しは推せる時に推せ~

 

 

いつからかこんな格言が我々オタク界隈では浸透しつつあります。

 

何年もオタクをやっていると、この言葉は我が身に染みるものがあります。

 

 

よく巷で見かけるのは

「忙しすぎてコンテンツが追いきれない」

「学生でお金がないからオタ活できない」

なんてコメント。

 

悲しいことに、推しのためにがんばって働いてオタ活資金がある時は時間と体力が無く、時間ができると体力はあるが資金がない。

 

f:id:colo_shaku:20210111222409j:image

 

 

こうもままならない私たちのオタクLIFE!

 

 

 

だからこそ、自分がガッツリハマれる、追いかけられる好機が巡ってきた暁にはとことんまでオタ活しましょう。

 

f:id:colo_shaku:20210112103937j:image

 

『鉄は熱いうちに打て』よろしく、ハマったジャンルはできる範囲で追いかけます。

できる範囲で公式にお金を落としましょう。

 

 

何故なら私たち忙しい現代人はいつオタク活動ができなくなるかわからないからです。

 

 

それは、金銭的な面でも、お金的な面でも。環境面においても。

 

 

それに、自分自身がいつジャンルへの熱が冷めてしまうかわからないから。

 

私たちオタクってとっても熱しやすく冷めやすい。

 

自分はそんなことないもん!一緒くたにしないで!というあなた。素直に尊敬します。

 

だいすきなものはずっと大好きだけど、もっと新しい「大好き」も見つけてみたいから。

 

固定で好きなものの他に、自分の中での旬ジャンルは刷新されていくもの。

 

そしてそんな私たちのことをよーく理解しておられる運営様、クリエイターたちは思考を凝らして次々と新しいコンテンツや作品を世に生み出してくださいます。(ありがたや)

 

 

だからこそ、ビビッときたジャンル、作品、人物は心のままに推そう。

 

 

大好きなものは、ずっと積み重なっていく。

アルバムに大切な写真をしまうみたいに。

新しい写真をワクワクしながら貼り付けて、大事な写真は見返そう。

 

 

そうやって、心のままに

推しは推せる時に推そう。

 

 

f:id:colo_shaku:20210112103910j:image