推しのある暮らし

ただのオタクが推しへの愛を語ったり生活に推し要素を取り入れる方法や考えなどを書いています。

ヒプマイ6thライブ オオサカVSイケブクロについて語らせて。

 

 

ヒプノシスマイク≪2nd D.R.B≫

1st Battle
どついたれ本舗 vs Buster Bros!!!

 

ご覧になりましたか?

 

いやもう、興奮冷めやらぬとはこのこと。

配信ライブでも伝わる演者さん達の気迫と本気のステージ。

 

どちらのディビジョンもそれぞれのカラーが出ていて最高に熱いライブでした。

 

と、言うことであふれ出る思いをオタクが勝手に語ります。主観と偏見しかありません!すみません!(先に謝っとこう)

 

頼む、ディビジョンと一人ずつメンバーについて感想語らせて!

 

1st battle ~set list~

1.ヒプノシスマイクD.R.B

2.ヒプノシスマイクD.B.A

3.ヒプノシスマイクG.O.D

4.あゝオオサカdreamin’night

5.Tragic Transistor

6.own stage

7.FACES

8.おはようイケブクロ

9.Break the wall

10.School of IKB

11.レクイエム

12.IWGP

13.なにわ☆パラダイ酒

14.Femme fatale

15.Re:start!!!

16.笑オオサカ

17.Joy for Struggle

18.survival of illest

19.SUMMIT OF DIVISIONS

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

■Buster Bros!!!■

場数を踏んでいる安定感と、完成度の高さ。

まだまだ成長してやる!というアグレッシブさ。

兄弟の絆を感じる素晴らしいパフォーマンスでした。

 

 

山田一郎(木村昴さん)

すばにぃ〜!!あなたの熱意が画面越しなんて関係なくビシビシ伝わってきました!

勝ちたい。今度こそ。その気持ちは誰よりも強かったと思うけれど、それ以上にすばにぃのラップが大好き!って気持ちがヒプノシスマイクのコンテンツをさらに盛り上げてくれている気がしました。

バトル時の零と対峙する場面の目は本気と書いて読み方はマジ。そう、そんな感じでした。

そして、ジロちゃんサブちゃん、いち兄で笑い合う姿は、本物の兄弟みたいでした。

 

 

山田二郎(石谷春貴さん)

わたしが今回のライブで思わず涙腺崩壊したのは二郎のSchool of IKBです。

二郎の今は未完成だけど諦めない!という気持ちがより一層つよく伝わってきて気づいたら涙が出てきました。

石谷さんの兄弟を見る優しい眼差しがとっても素敵でした。

とにかく存在自体がが安定してて、安心感が半端なかったです。

兄ちゃんを支えて、サブちゃんを引っぱる。あなた無しにはバスブロは絶対成り立たないです。

 

山田三郎(天崎滉平さん)

レクイエム……これに尽きる。

歌い切ったよ、あの難曲を。。

気迫が半端なかったです。

思わず息を呑んだ。5thライブより気迫が上がってた気がするのは私の気のせいでしょうか?

からーの、MCコーナーでの可愛らしさたるや。あの「ただいま!」で配信を観ていたオタク達はみんな安心したよ。

そう、もう戻ってこれないんじゃないかって心配になるくらい凄みのあるレクイエムだったからさ、、、

あまちゃんのちょこちょこっと すばにぃのMCをフォローする感じがとても好きでした。

 

 

 

 

■どついたれ本舗■

初めてのバトルシーズン。ファンもメンバーもドキドキだったんじゃないでしょうか。

少なくとも私は「お前は出演せんやろ!」ってツッコミ待ちかってくらい緊張していました。何を隠そう、どついたれ本舗推しのオタクなのでもうドキがムネムネでした。

 

最初はドキドキだったけど、バトルが終わる頃には一緒に笑顔になっていました。

「他のディビジョン?バトル?そんなん関係あらへん。ワイらが一番オモロいことしたんねん」大事なのは面白いこと、笑うコト。そんな自分たちのコンセプトを全面に押しだしたパフォーマンスに見えました。

どついたれ本舗がだいすきです。

 

 

笑オオサカについて

今回お披露目となった新曲『笑オオサカ』もキャッチーで、初めて聞いたはずなのにすぐに一緒に口ずさめる感じが良かったと思います。

今までのCreepy Nutsのリリックや梅田サイファーみたいに細かく細かく言葉遊びで韻を踏むエッセンスたっぷりな楽曲も大好き。

 

今回の「ナア、おもろかったらええやろ?みーんな笑わせたら勝ちやねん」って感じは新鮮でした。

 

今までの楽曲が細かく細かくボディーブローを入れて隙間なく相手をまくし立てて勝つ!って感じだとしたら、『笑オオサカ』はドカンと1発ワンパンでKO。そんな感じ。ノリと勢いがまさにオオサカ浪花節

 

 

白膠木簓(岩崎諒太さん)

リーダーとしてチームをまとめることへの責任をすごく背負って頑張ってくださったんだなあとMCコーナーを聞いていて思いました。

何にでも全力投球でラジオ番組でもカラハリでも超がつくほど真面目。

そんな岩崎さんがステージ上では余裕しゃくしゃくでおチャラける簓さんを完璧に憑依していてるんですもの。もう勝手に感無量でした。

このステージにかけた努力が伝わってくるようなそんなパフォーマンスで、最初は緊張で少し力んでるのかな?とも勝手に思ったけれど、すぐにオオサカの空気を作りあげてくれました。

 

MCコーナーでは一生懸命すぎて頭の中がグルグルになっちゃう岩崎さんを優しく支える河西さんと黒田さんが印象的でした。

ある意味、簓さんとは正反対とも思える性格の岩崎さんがここまで最高のパフォーマンスや演技を仕上げて披露してくださるって、物凄いプロ根性だと思います。

 

オオサカのカラーを作ってくれてありがとう簓さん。ラップバトルでもう一度、盧笙と漫才出来て良かったね。最高にかっこよかったよ!沢山笑わせてくれてありがとう。

 

f:id:colo_shaku:20210201192050j:image

 

 

躑躅森盧笙 (河西健吾さん)

とにかくお顔が美しすぎた…

お顔の美しさが優勝してた。

いや、いつも素敵なんだけれども

登場された瞬間、え?何?ふつくしすぎでは?ってなった。

そして冒頭の挨拶ですぐに先生っぷりを発揮してくれるファンサ(進行調整)…有難かった〜

 

Own Stageの時なんて、盧笙先生にしか見えなかった。星空を背に立つ姿がなんとまあ美しいことよ。

なにわ☆パラダイ酒の時は酔っぱらい演技が本当に可愛らしくて…(涙)

でも、バトルの時はまた先生っぷりを遺憾なく発揮。もー、素敵すぎ。

 

天谷奴零(黒田崇矢さん)

今日も今日とて天谷奴零が黒田崇矢さんなのか、黒田崇矢さんが天谷奴零なのか。

もう2000%実写版。憑依とかじゃなくてそのもの。

FACESのラスト何ですかあれ、殺す気ですか!?かっこよすぎるでしょう。

死因:かっこよ死 するところでした。

笑オオサカでは今までの楽曲では見られなかった新たな天谷奴零を見せてくれました。

やー、あれ絶対「ま〜ったく、お前らふたりには敵わねえなぁ〜。今度ラーメン奢れよ?」とか言いながらやってくれるんでしょう?このくらいできなきゃ漢じゃねえ。ってはァァ。天谷奴零……すき。

MCコーナーでは黒田さんの優しさがあふれ出ていました。岩崎さんを優しくフォローされていたり、リーダーとして立ててくれている所とか、人間としての器のデカさを感じました。

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

本当はまだまだ語り足りないけどこの辺にしておきます。

 

さて、本日どちらかのディビジョンに一票VOTEできるLIVE投票がある訳ですが。

 

どついたれ本舗推しのオタク、ひいては白膠木簓さん推しのわたしは当然オオサカに入れようと思いながらライブ配信を観はじめたのです。

 

ですが。Buster Bros!!!のマイクパフォーマンスが本当に素晴らしく、ものすごく感動しました。勝ちたい!という3人の思いの強さがひしひしと伝わってきました。

 

もちろん、どついたれ本舗も最高でした。

でも、兄弟の思いの強さがすごかったんです。

 

なんというか、「ただ推してるから」という理由だけで何も考えずにVOTEするのは申し訳ない気がしてきたのです。

それくらいバスターブロスの3人の熱い思いを感じました。

 

極めつけはバトル最後の石谷春貴さんの「投票は、良い方に入れて!自分の心に誓って、本当に良い方に入れて!行こう!」というコメント。

めちゃくちゃ刺さりました。

 

CDの投票は何回だって推しディビジョンに投票できる。買えば買っただけ。

 

でもバトルライブでの投票はたった1票だけ。特別だと思うのです。

あの日、あの時にキャストさん達が出した全力をどう評価するか。という大切なものだと思いました。

 

そう考えると簡単に投票することができなくなってきました。

 

これからもう一度、真剣に悩みます。

 

心が本当に良いと思った方。

これをジャッジするのってすごく難しいけれど、こんなに素敵なコンテンツを作りあげてくれた方々に感謝しながら、全力で悩み、そして全力で楽しませていただきたいと思います。

 

改めて、ヒプノシスマイクを好きになってよかったなと思いました。

 

 

次のナゴヤVSシンジュク、シブヤVSヨコハマも本当に楽しみです。